スポンサーサイト

  • 2007.07.26 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


話題だね!



↑今、ちまたで話題を呼んでいる、このコーヒー。
買ってみました。
おいしいけど、ダイエットに効果あるのか…?は、謎たらーっ

コーヒー関連リンク

コーヒーに関する記事を書いているブログを集めてみました。

暑かったけど楽しかった^^/新たな夏の風物詩/ランチ戦争inケアンズ/仕事中/太陽の下に沈む/今日の朝食。/あぁ出張/いよいよです!/映画チケット/チェリーパイ♪/セレクトショップ・マナマナ、5周年.../6月29日食育ブレックファースト/めひこの越境体験/晴れた〜食った〜走った〜^^/芸術は難しい(ニューヨーク3日目)/新作エヴァの主題歌を宇多田ヒカルが/物語11/スプレーボトル/フレンチプレスの'コーヒー'/アートな日。/【報告】/日経MJ 6月29日(金曜日)の主要記.../メイド(冥土)のみやげ

コーヒー好き

コーヒー(オランダ語:koffie、英語:coffee、ドイツ語:kaffee、フランス語:café、日本語:珈琲)は、コーヒー豆(コーヒーノキの種子)を焙煎して粉状にしたもの。あるいは、その粉を挽き、湯または水で成分を抽出した飲料。
語源
「コーヒー」はアラビア語でコーヒーを意味するカフワ (قهوة, Qahwah) が転訛したものである。その語源は、元々ワインを意味していたカフワの語がワインに似た覚醒作用のあるコーヒーにあてられたという説と、エチオピアにあったコーヒーの産地カファ (Kaffa) がアラビア語に取り入れられたという説がある。
概要
コーヒーは世界で最も多くの国で飲用されている嗜好飲料の一つであり、家庭や飲食店、職場などで飲用されている。アルコールや茶と並んで、人類との関わりが最も深い嗜好飲料と言える。 また世界各国で、コーヒーを提供する場の喫茶店(コーヒー・ハウス、カフェ、カフェー)は、知識人や文学、美術などさまざまな分野の芸術家の集まる場として、文化的にも大きな役割を果たしてきた。 さらに、石油に次いで貿易規模が大きい一次産品であるため、経済上も重要視されている。大体北回帰線と南回帰線の間(コーヒーベルト)の約70箇国で生産され、アメリカ、ヨーロッパ、日本など全世界に輸出されている。カフェインに代表される薬理活性成分を含むことから医学・薬学の方面からも関心を集めている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM